表示崩れを起こしている方は、ブラウザの拡張機能の「AdBlock」が原因の可能性がございます。
お手数おかけしますが、「AdBlock」をOFFにしていただき、読み込みをお試しください。

BRAND SUMMIT

Jon Iwata

Jon Iwata

Executive Fellow, Yale School of Management &

former IBM Chief Brand Officer

35年にわたるIBMでのキャリアの中で、シニア・バイス・プレジデント、チーフ・ブランド・オフィサー、グローバル・マーケティング、コミュニケーションリーダーなど、複数の役職を歴任しました。
また、IBMの企業戦略委員会の委員長を務め、IBMの企業価値と理念の策定委員会を設立・主導していました。ブランディング専門会社であるInterbrand(インターブランド)によると、IBMはジョンがCMO在任中に世界で2番目に価値のあるブランドとなっています。

現在は、イェール大学経営大学院のエグゼクティブ・フェロー兼講師でもあり、NPO団体である Data & Trust Alliance(データ&トラスト・アライアンス)の創設エグゼクティブ・ディレクターとしても活動中です。その団体は、責任あるデータを基盤にしたAIの実践手段を開発し、実際に運用するために、主要企業を結びつける取り組みも行っており、最初に取り掛かったのは、労働慣行におけるアルゴリズムによる偏見防止セーフガードの開発でした。その後、American Express(アメリカン・エキスプレス)、CVS Health(CVSヘルス)、GM(ゼネラルモーターズ)、Humana(ヒューマナ)、Mastercard(マスターカード)、Meta(メタ)、Nike(ナイキ)、Walmart(ウォルマート)などのメンバー企業によって採用されています。

その他にも、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館の評議員会長、Ladies Professional Golf Association(全米女子プロゴルフ協会)の理事として指名・ガバナンス委員会委員長、そして、Responsible Innovation Labs(レスポンシブル・イノベーション・ラボ)の諮問委員会メンバーも兼任しています。

また、イワタ氏は、全米広告主協会におけるB2B、マーケティング、CMOクラブの部門で殿堂入りを果たしており、米国ブランディング・マーケティング業界誌であるAdWeek誌のBrand Genius(ブランディングの天才)に選出されています。サンノゼ州立大学ジャーナリズム及びマスコミ学科にて学士号を取得しており、原子スケールの半導体に関するナノテクノロジーとプロセスに関する米国特許の共同発明者でもあります。