表示崩れを起こしている方は、ブラウザの拡張機能の「AdBlock」が原因の可能性がございます。
お手数おかけしますが、「AdBlock」をOFFにしていただき、読み込みをお試しください。

Brand Summit Spring (2023.3/7-9) のサイトはこちらをご覧ください

BRAND SUMMIT

Day2 - 14:05 Case Study 4

インターナルコミュニケーション起点のブランド価値向上 ~部門横断プロジェクトで実現した「おうち焼肉」の浸透

SUMMARY

コロナ禍によるコミュニケーション希薄化は、なにも顧客との間だけではありません。出社制限などにより社内コミュニケーションも薄れてしまいました。商品開発、生産、営業部門など、社内連携が重要なブランドマネージャーにとって、インターナルコミュニケーションの重要性はさらに高まっています。
ここでは、エバラ食品工業のロングセラーブランド「黄金の味」が、コロナ禍において行った取り組みを例に、ブランドパーパスの社内浸透、部門連携さらに外部企業との連携によっていかに「世の中に有益な話題」を生み出していくかについて学べます。ストーリーテリング、コンテクストづくりにも大いに役立ちます。